相続税の事前対策

相続税の事前対策

税務・節税のご相談

相続税がかかる場合とは財産を相続や遺贈、死因贈与によって取得した場合です。

相続税の税率自体は高いのですが、実は専門家に依頼するなど特例など、さまざまな軽減措置を利用することで基礎控除や、配偶者に対する税額軽減措置、小規模宅地等の税率圧縮ができます。

・取得した財産が相続または遺贈の場合課税されます。

・基礎控除額が大きい場合。

・法的には相続や遺贈に該当しない場合にも相続税の対象となることがあります。例えば死亡保険金の受け取りなど。(みなし相続財産)

・死亡退職金や生命保険金には残された家族1人につき500万円の非課税枠があります。

・被相続人の財産の中に借金があれば、その分を控除することができます。

・法定相続割合の範囲であったり、取得した財産が1億6,000万円までの場合は非課税になるなど、配偶者の場合は、特別の軽減措置があります。

・一定規模以下の小規模宅地などでは評価を80%減または50%減にできます。

・相続開始3年以内になんらかの贈与があった場合には、相続財産に加算されます。

現金による納付が困難な場合には、物による納付も認められています。(物納)

相続した財産のほとんどが不動産の場合

不動産を相続するとありがたい場合もありますが、一方ですぐに換金できない不動産が手元に残り、納税資金を別に用意しなくていけないケースもあります。

こういった場合は、故人が自身を被保険者、相続人を受取人にする保険に入っていれば、相続が起こってもそれを納税資金に充てることができます。

ph_01_menu03

相続は当事務所にお任せ下さい

相続税は、やり方によって税金の額が大きく変わってきます。

当事務所にご相談頂ければ、発生前に生前贈与などをうまく使い税金対策を行えます。

当事務所では、クライアントにとって有利になるように専門家と連携し、相続財産の現状把握と適正な評価を行い、早い段階で相続税の試算をし、その後の遺産分割や納税資金の対策についてアドバイス致します。

相続が発生してからの対策は限られています。

文字通り、「争族」にならないためにも事前のご相談や対策が必要です。

相続時精算課税や事業承継支援税制などがあり、これらの相談に応じています。

現段階で相続にご不安のある方はお早めに面談にお越しください。

ph_02_menu03
  • facebook
  • twitter
  • mixi