生前贈与

生前贈与

生前贈与

生前贈与を行うことで、子供や配偶者へ贈与する時に、支払わなければいけない相続税を、残された家族への負担が軽減されます。

ただし、生前贈与を行なうと、相続税よりも税率の高い贈与税を支払わなければいけなくなる可能性があります。

そのため高い贈与税の支払いを防ぐために、贈与税が非課税となる制度や、贈与の税率が軽減される制度をうまく活用するのが一般的です。

ph_01_menu02

生前贈与のメリット

・譲りたい物を適切な人物に確実に譲ることができる。(相続時の家族間の紛争の予防)

・どのように利用されているか、自分の贈与した物がを確かめることができる。相続の場合と異なります。

・贈与の方法によっては、相続税対策となる。

しかし、多くの方が気になるのは贈与税など税金が重くかかるのではないかということでしょう。

たとえば、特例など理解していない為利用せずに、1,500万円を贈与した場合、贈与税の金額は約500万円くらいになります。

さらに贈与税率は贈与の額が大きくなればなるほど、上がっていくシステムです。

実は贈与税には、様々な特例があります。特例に当てはまる贈与を行うことで、贈与税や相続税を大幅に節税することができます。

そのため、贈与で失敗しないためには、実績のある専門家に依頼するなど準備をしていく必要があります。

生前に支払った贈与税は戻ってくる?

相続前3年以内の贈与、相続時精算課税制度の特例による贈与額は課税の対象

誰が:相続などによって財産を受け入れられた人

いつ何を:死亡前から3年以内に被相続人から贈与によって取得した財産がある

どうなる:譲り受けた財産のその贈与時の価額を、贈与を受けている人の相続税の課税価額に加算します。

3年以内であればその財産について贈与税が課税されたかどうかに関わらず、相続税の課税価格に加算します。

例えば…

「基礎控除額110万円以下の贈与財産で申告をしていないものは死亡した年に贈与されている財産 贈与税の配偶者控除を受けている財産についてはその配偶者控除額に相当する部分は加算の必要はない。」

支払った贈与税が精算時の税額よりも多ければ精算するカタチで課税されますの戻ってくる事となります。

1234
  • facebook
  • twitter
  • mixi