ブログ

庭田ブログ詳細

連年贈与について


 ある税理士先生のメールマガジンで参考になる話題がありました。抜粋して掲載します。

 

 連年贈与とは,「1,000万円を10年に分けて贈与する」 という贈与契約があった場合の贈与を指します。

 

 この場合、毎年100万円ずつの贈与となるのではなく、1,000万円の贈与を10年に分けただけと考えます。

 

 そして、この1,000万円を10年に渡り受け取る権利を 贈与により取得したとされます。

 

 この考え方があるので、「毎年100万円などの定額の贈与は危険」と考える方もいるようです。

 

 なぜならば、そもそも税務調査官が連年贈与として否認するためには、  「最初に連年贈与の契約があった」という前提が必要だからです。

 

 逆にいえば、毎年の贈与額が定額であっても、 それが個別の贈与契約であれば、連年贈与にはならないということです。

 

 だから、ここに注意を払うくらいなら、下記のことに注意すべきです。

 

 ○ 適法な贈与契約書を作成する

 

 ○ 振込みなどの贈与の事実を通帳に残す

 

 ○ 通帳の印鑑は各人ごとに変える

 

 ○ 通帳、印鑑の管理は名義者本人が行なう(=名義者が自由に使える)

 

 

 この連年贈与の問題は多くの方が勘違いされており、

 

 必要以上に保守的になっている方も多い部分です。

 

以上ですが、毎年の贈与金額を変えたり、贈与の時期を変えたりすることは、必要ないということです。

庭田会計事務所

所在地 〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-27-4
TEL 03-5905-4505
FAX 03-5905-4506
営業時間 平日 9:00~18:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OabuLX
  • facebook
  • twitter
  • mixi