ブログ

庭田ブログ詳細

被相続人が第三者等の保証人になっていた場合


   亡くなった父が、父の友人に頼まれて銀行からの融資の保証人になっていた場合、相続人は、保証債務を相続することになります。これは、保証債務も被相続人に属した財産上の義務だからです。その友人が破産してしまったり行方不明になったりしますと、相続人が代わって借金を銀行に返済しなければならなくなります。
  また、部屋を借りる場合に保証人を立てる場合があると思いますが、その場合も相続人が保証債務を相続することになります。賃借人が家賃を支払わなければ、相続人へ家賃の請求がされることになります。 

庭田会計事務所

所在地 〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-27-4
TEL 03-5905-4505
FAX 03-5905-4506
営業時間 平日 9:00~18:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OabuLX
  • facebook
  • twitter
  • mixi