ブログ

庭田ブログ詳細

相続や贈与で問題となる共有名義のメリット・デメリット 遺産分割


相続や贈与で問題となる共有名義とは、1つの不動産(例えば1つの土地)を1人ではなく複数人で持っている(所有して登記している)ことです。

相続で作成する遺産分割協議書や贈与契約で、共有名義にするメリットとして考えられるのは、不動産を手放さずにすむということでしょうか。共有名義人の一人から不動産を売りたいといっても他の共有名義人が反対すれば売れません。ただし下記の理由で共有名義にするメリットは、ほぼないに等しいと言えます。

 

相続登記で共有名義にするデメリット

 上記の理由で一見メリットがあると思われますが、共有している不動産を売却しようとしても、また建物を建て替えしようとしても共有名義人全員の承諾が必要となり、そのことで名義人同士の意見が異なりもめる可能性があります。

 また、将来共有名義人の1人が亡くなって相続が発生した際に、持ち分をその人の相続人の1人がそのまま相続すれば問題はありませんが、複数の相続人で共有名義にした場合は更に共有名義人が増えるため、名義人同士の話し合いが必要になった時に意見がまとまらず、なかなか手続きが進められなくなる可能性があります。

 このように、不動産の共有名義はトラブルの元となるデメリットの方が多いので、近い将来売却して金銭を分け合う等の理由がある場合は除いて、基本的にはおすすめできません。

庭田会計事務所

所在地 〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-27-4
TEL 03-5905-4505
FAX 03-5905-4506
営業時間 平日 9:00~18:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OabuLX
  • facebook
  • twitter
  • mixi