ブログ

庭田ブログ詳細

家族信託 家族による財産管理、相続による争族の回避そして承継対策


 先日あるセミナーに参加して来ました。テーマは、「家族信託」というあまり聞きなれないテーマのセミナーでした。

しかし、かなり相続等に使えそうな興味のある内容でした。

 そもそも「信託」とは、財産の管理の一手法で、所有者(信託でいう委託者)が、自分の特定の財産を信頼できる相手(信託でいう受託者)に託し、特定した人(信託でいう受益者)の利益に結び付くよう、その資産を管理・処分する権限を与える行為をいいます。

 そして「家族信託」とは、高齢者や障害者のための財産管理や柔軟な資産承継対策 として信頼のできる家族や親族を受託者として託す仕組みであるということです。つまり 「家族による家族のための信託」ということができます。

 信託設定時の課税問題ですが、委託者が受託者とイコールであれば贈与税や不動産取得税といった課税関係は発生しないということです。言い換えれば委託者と受託者がイコールでなければみなし贈与として贈与税が課税されるということです。

 詳細等は、また別の機会で説明したいと思います。

庭田会計事務所

所在地 〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-27-4
TEL 03-5905-4505
FAX 03-5905-4506
営業時間 平日 9:00~18:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OabuLX
  • facebook
  • twitter
  • mixi