ブログ

庭田ブログ詳細

相続税の2割加算 お孫さんや、兄弟が財産を取得した場合


 相続税は、支払う人が一親等の血族及び配偶者以外である場合には、 各人の算出相続税額にその20%相当額を加算します。

 これを「相続税の2割加算」といいます。

 相続税が2割加算される理由は、子を飛び越して孫が財産を取得すると相続税を1回免れることになったり、相続人でない人が財産を取得するのは、被相続人の配偶者や子供や両親が財産を取得することと比較して偶然性が強いことから、 相続税の負担調整を図る目的で加算を行うものであるとされています。

 相続税の2割加算の計算方法は、その相続人が実際に支払う金額に1.2をかけた金額が支払額となります。

 例えば、以下の方は相続税額の2割加算の対象になります。

 子供の配偶者、兄弟姉妹、甥、姪、代襲相続人でない孫、代襲相続人でない孫養子、血縁関係のない者の相続税は2割加算されます。

 代襲相続によって、子ではなく孫が相続人となる場合がありますが、これは孫が、子になりかわって相続人となるということです。

 従ってこの場合は孫として相続しているのではなく、子として相続しているのですから、相続税の2割加算は適用されません。

庭田会計事務所

所在地 〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-27-4
TEL 03-5905-4505
FAX 03-5905-4506
営業時間 平日 9:00~18:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OabuLX
  • facebook
  • twitter
  • mixi