名義変更について

名義変更について

不動産の名義変更

相続による名義変更は、当事務所で低価格にて承っております。

後々のリスクを考えて、早めの名義変更をお勧めします。

売買・贈与・財産分与などにより不動産の所有権を取得した場合は、所有権移転の登記(名義変更)をしなければなりません。

もし登記をしないで放置していると、第三者に自己の所有権を主張できなくなります。

後日の紛争を防ぐためにも、早めの名義変更をお勧めします。

ph_01_menu05

名義変更に関わる必要書類

名義書換を行うものによって必要な書類があります。

自家用車・不動産など高額なものの名義書換を行う場合には、次の書類をご用意下さい。

1,それぞれが用意している届出書

2,亡くなった方のお誕生からご逝去までの『除籍謄本』・『改製原戸籍』

3,相続人様全員の『戸籍謄本』

4,相続人様全員の署名捺印のある『遺産分割協議書』の作成

保険契約の名義変更

生命保険や火災保険も契約者が亡くなった場合には名義変更の手続きが必要です。

保険証券(亡くなった方が保険契約者で、被保険者ではない契約)の契約内容も確認しましょう。

相続発生時に最初に確認する書類

相続が発生したら、ご遺産の算定作業を行います。

1,預金は、預金通帳への記帳を行い金融機関へ死亡届を提出する必要があります。

2,通帳は複数口座を持っている場合が非常に多いので、すべて探してください。(死亡届を提出しますと預金が凍結されてしまいます。)

3,有価証券は、年4回程度証券会社から送付される報告書を探して下さい。

4,不動産は権利書の所在をご確認下さい。

5,生命保険は保険証券をご確認下さい。

ご不明な点がございましたら当事務所までご相談下さい。

必要な手続きに関してアドバイスさせて頂きます。

  • facebook
  • twitter
  • mixi