遺言書の作成

遺言書の作成

遺言書の作成

遺言は法定相続分よりも優先されます。

遺言書がある場合、法律で定められている相続分を、自分の意志で変更し、相続財産の分割は、原則として、その遺言にしたがうことになります。

また、遺族がどのように生活していくかや、葬儀の内容の指示、祭祀の承継者を記述しておくこともできます。

以上のような内容を被相続人が亡くなる前に、遺言によって被相続人自身が行う行為です。

ph_01_menu01

遺遺言の作成方法については法律で定められていますが、ここでは代表的な二つの遺言について説明します。

【公正証書遺言】

遺言者が公正役場で証人二人の立会のもと、公証人の面前で、遺言の内容を申し出て、それに基づいて公証人(法文書のプロ)が遺言者の真意を文章にまとめ、 遺言とするのが公正証書遺言です。

原本を公証役場に保管します。

公正証書遺言は、遺言者にとっては作成費用はかかりますが遺言書が紛失したり、偽造される恐れがありません。

また、口がきけない人、耳の聞こえない人が遺言する場合でも、特別な方法(通訳人の通訳)によって、遺言をすることができます。

【自筆証書遺言】

遺言者が紙に自ら前文を書き、日付、氏名を書いて印鑑を押し作成する遺言です。

これは必ず「自筆」しなければならず、ワープロ・パソコンで作成することはできません。

自筆証書遺言は、自分で書けばよいのですから費用もかからず、いつでも書くことができますが、法律的に不備な内容となる危険性があり、後に紛争となったり、無効となる場合もあります。書き加え、削除、その他の変更は遺言者が、その場所を指示し、これを変更したことを付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければその効力を生じません。

相続があった場合、遺言書がないときは法定相続となり、相続人は法定相続分を相続します。

しかし、一定の相続人(配偶者、子(代襲相続人を含む)及び、父母などの直系尊属のみです。兄弟姉妹には遺留分はありません。)には、遺言によって処分することが出来ない部分が確保されており、これを遺留分といいます。

相続があった場合、遺言書がないときは法定相続となり、相続人は法定相続分を相続します。

しかし、一定の相続人(配偶者、子(代襲相続人を含む及び、父母などの直系尊属のみです。

兄弟姉妹には遺留分はありません。)には、遺言によって処分することが出来ない部分が確保されており、これを遺留分といいます。

遺留分の範囲

遺留分は、配偶者、子供、親にはありますが、兄弟にはありません。

複数の相続人がいる場合は、法定相続分で割って計算することになります。

遺留分の割合

相続人 相続人全体の遺留分 配偶者の遺留分 配偶者以外の遺留分
配偶者と直系卑属 1/2 1/4=1/2(遺留分割合)×1/2(法定相続分) 1/4=1/2(遺留分割合)×1/2(法定相続分)
配偶者と直系尊属 1/2 1/3=1/2(遺留分割合)×2/3(法定相続分) 1/6=1/2(遺留分割合)×1/3(法定相続分)
配偶者と兄弟姉妹 1/2 1/2 なし
配偶者のみ 1/2 1/2  
直系卑属のみ 1/2   1/2
直系尊属のみ 1/3   1/3
兄弟姉妹のみ なし   なし
  • facebook
  • twitter
  • mixi